成田・酒々井のトリミングサロン

24時間WEB予約今すぐ確認はこちら
  • メールでのお問い合わせはこちらです
  • milimiliのlineはこちら

Blog

爪切り

爪切りは、ほとんどのワンちゃんがあまり好きではなくて

 

 

時には唸ったり、噛み付いたり、暴れて逃げようとしたり、、、のお嬢様やおぼっちゃまがいらっしゃいます

 

 

赤ちゃんの時から嫌がる子はまず居ないので

 

おそらく

 

成長過程で何かあったか、小さい頃から足裏に触って教えてあげなかったか、、そんな理由で嫌になったんだと思います

 

噛みつかれたらやめる!暴れて逃げたら放置する!を繰り返すと そうすればやめてくれるのね〜と賢いワンたちは覚えてしまいます

 

 

 

サロンでは、出来ませんでした?

 

 

では済まないので なんとか頑張って完成させます

 

 

おだてたり、叱ったり、その子に合った方法を探ります。

 

噛まれてしまって神経でも切れたらトリマーは 死活問題ですから そこは慎重に、かつ 大胆に ?

 

なだめられない場合は、エリザベスカラーや最悪の場合(噛み付く場合)は口輪を使うこともあります

 

 

ご了承ください

 

 

 

かつ大胆に!と書きましたが、爪切りはソフトにします

 

 

短くパチンと切って血が出たら止血剤を塗って

 

 

なんてショードッグたちみたいにパチンパチン切る店もあるようですが、うちでは繊細に 一本ずつ丁寧に何度も少しずつ切りながら短くします

 

パチンという刺激もわんちゃんは嫌いですから

 

そして、最後に写真のように爪やすりでトゲトゲを取ります

 

 

爪には神経と血管が通っていて その子によってその長さがずいぶん違います

 

少しずつ切ると中の白い神経の先っぽが見えるんです

その直前でやめます

 

 

ずっと爪切りをしなかった子は、神経と血管も伸びていて

 

 

これでも切ったの?ってくらいの長さにしか切れない場合もあります

 

 

お家に帰って あれ?長いな?と思ったら多分神経が伸びてるから だと思いますが、気になる方はお問い合わせください

 

 

私の足の親指もハイヒールをやめてスニーカーになったせいで爪がどんどん長くなりました。

で、一緒に指のお肉も伸びるんですね。だから爪が伸びてるのに 切れない?という事態になってます。

無理やり切ると 深爪状態です。

 

長い爪のワンちゃんが爪切りを嫌がる気持ちがよくわかるようになりました

 

 

みなさまもお気をつけくださいね。