24時間WEB予約今すぐ確認はこちら
  • メールでのお問い合わせはこちらです
  • milimiliのlineはこちら

Blog

※重要※爪切りと耳毛の処理について

爪切りと耳の毛の話です。これからトリミングにいらっしゃる方は必ずお読みくださいね。

⬇︎

⬇︎

⬇︎

 

 

ご自宅で爪切りをされたことのない方にはビックリなお話だと思いますが

今まで、トリミングサロンでの犬の爪切りには、出血が付き物でした。

血が出るくらい短く切って、出血したら止血剤を塗ります。止血剤をつければすぐに止まります。

 

それが普通のこと、なので オーナー様に

 

今日は出血してしまいました。と告げるサロンはマレです。ですから、ほとんどのオーナー様はこの事をご存知なかったりします。

ただ、

ワンだって  血が出る=痛い のです。

『痛い』と『恐怖 』が指の数だけ続くから トリミングが嫌いになります。(もちろん、他の理由で嫌いになる子もいますが)

 

ショーに出る子はさらに指ギリギリで爪を切ります。断爪と言われていて ワンによっては物凄い悲鳴をあげます。これは、たしか、、理想の歩き方にするため という理由があるのですが、、、

 

それに比べれば、ペットのワンの爪切りは大した痛さではないかも知れませんが、でも、、、

 

ミリミリでは

血を見ず、痛みを与えず、ギリギリ短く出来る程度のソフトタッチの爪切りをしています。

 

今までの短い爪切りに慣れてしまっているオーナー様には最初抵抗があるかも知れません。

 

でも、何度か通ってくれてる暴れワン(神犬と言われたりもするのですが)が段々協力的になって来てくれてるのは ソフトタッチの爪切りのお陰でもあると私たちは思ってます。

ただ、ソフトタッチでも黒い爪の子、少し元気すぎてよく動く子などは血管が見えず血が出ることもあるのは、どうぞご了承くださいね。

 

そして、今までの血の出る可能性の高い短い爪切りもご要望があればしています。なるべくしたくないですが、、、。

 

ご希望がない限り、ソフトタッチの今までより少し長めの爪で仕上がります。

 

もちろん、ヤスリはしっかりかけます。(これも痛みを伴う可能性があるのでご希望があればヤスリ少なめもお受けします。)

 

それから、お耳の毛ですが、

今はお耳の中の毛を抜くサロン、抜かないサロン 半々くらいらしいです。

お耳の中が綺麗な子や 逆に炎症を起こしてる子は抜かない が主流になりつつあります。

 

ミリミリでは、今のところ今まで通り抜く方針でいますが、ご希望により抜かないという選択肢もお選び頂けますので お預かり時にお伝えくださいね。

 

耳の毛の処理方法、爪の切り方などは受付(ワンお預かり)時にお申し付けください。

 

特にご希望のない場合(通常)は

●ソフトタッチ爪切り+やすり

●耳毛抜去

 

になります。ご了承ください。